目次とメールフォームCSSについて

mi21_02.gif
 無痛分娩レポート
 妊娠の記録
 ベビー・キッズ手作り
 我が家のメルちゃん
 FC2メールフォームCSS
↑※FC2メールフォームのSSL化にともない、セキュリティエラーが表示されるようになってしまいました。
「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」というエラーが出て、CSSが反映されません。
『すべてのコンテンツを表示』というボタンを押すとCSSが反映されたメールフォームが表示されます。
ワンクリック多くなってしまうことをご理解いただいた上で、当方のCSSをご利用いただきますようお願いいたします。

SSL化にいてはFC2総合インフォメーション「【重要なお知らせ】 FC2サービスのSSL化につきまして」をご覧ください。
(2016年12月にメールフォームが暗号化され、メールフォームのURLがhtppからhtppsに変更されました。)

当方のメールフォームのCSSはFC2ブログのファイルアップロードにてアップロードしてあります。
CSSのアドレスはhttpから始まるため、暗号化されておらずエラーが出るのかもしれません。
暗号化された(アドレスがhttpsはじまり)場所にアップロードされたCSSだとエラーは表示されないかも?(あまり詳しくないので分かりません…)


無痛分娩で出産した娘と息子はすくすく成長中です♪


管理人・chino
2017年2月

計画無痛分娩レポート(出産当日③)

※2014年神奈川県大和市南林間の愛育病院での無痛分娩レポです。


2014年7月25日(金)

15時00分~
産後は引き続き分娩室で2時間安静にする。
その間に残りの陣痛促進剤を投与され続けていた。

安静中には赤ちゃんと記念撮影したり、出入り口で旦那が娘に赤ちゃんを会わせたり、おっぱいをあげたりした。

出血の量が少し多かったので2時間半の安静になってしまった。(赤ちゃんは2時間で新生児室に行ってしまったので、30分一人でボーッ)

その間何度か子宮の状態の確認。
内診&お腹を押され「イテー」というくらいの痛み。

前回同様軽食のウィダーインゼリーをもらい分娩台の上で水分補給。
久しぶりの食事、とっても美味しく感じる(^ー^)

17時00分
点滴と背中のカテーテルを取ってもらい、着替えさせてもらう。
車イスで部屋まで移動。

娘が私に会いたくてずっと待っていて、車イスの私に飛び付いてきた。
部屋に戻ると大部屋の他の人たちがみな退院してしまって貸し切り状態だったので、娘と夕飯の時間まで一緒にベッドで過ごせた。(5時間は横になり歩行禁止のため貸し切り状態でよかった)

18時00分~
出産当日と翌日の食事は部屋で食べる。
夕飯完食。



20時00分
子宮の診察、トイレ歩行。
分娩中何度か導尿されたが、これがピリッとちょっと痛い。
久しぶりの自力でのおしっこはちゃんと出たけど、これもまたピリリと痛い…

歩行許可が出たので新生児室に赤ちゃんを見に行く。

21時00分
消灯。
母子別室、大部屋なのに貸し切り状態なのでたった一人ぼっちの夜…
何故かNSTの心拍の音が聞こえる気がする…
寝れるはずもなく夜更かし(笑)




赤ちゃんの状態
7月25日14時34分
3610グラム、50センチ
第一子より約1キロも大きく誕生。
左右のおっぱいを上手に吸えた!



私の状態
頭痛も嘔吐もなく本当によかった。
安静にしていた2時間半のうちに恐れていた二人目の後陣痛の腹痛はよくなり、痛み止めなしで過ごせる。
おまたはほとんど痛くなく、普通に歩ける!円座がいらない!感動!
産後すぐは少しお尻の圧迫感と腰痛があった。
骨盤ベルトを持参していたので、産後すぐから装着すると産後3日目くらいにはお尻の違和感も腰痛もなくなった。

産後の検査で貧血が引っ掛かり、2週間フェロミアを服用することに。
1ヶ月検診で再検査。


第一子の時の半分の分娩時間だったからか、ちゃんと計画無痛分娩だったからか、経産婦だったからか、前回とは比べ物にならないほど元気\(^o^)/



入院中役に立ったもの
・マスク
24時間エアコンなので乾燥予防に。

・コップ
部屋にお湯が入ったポットがあって、コップにお湯を入れおっぱいを温めました。
タオルを濡らしてやるより温かさが長持ちします(笑)
また、ティーパックを持っていけば好きな飲み物が飲めます。

・保冷剤
副乳が痛くて痛くて冷やすために。
ナースステーションで借りれますが、いくつもあるといいので持参しました。
冷蔵庫に冷凍部分がついているので冷やしておけます。

・PASMO、Suica
自動販売機で使えたため、家族にわざわざ持ってきてもらいました。

・ナプキン
肌が弱くて産褥パッドではかぶれるので、使い慣れたナプキンを持参しました。おかげて今回はかぶれませんでした(^-^)



料金の概算
・お産の基本料金 550,000円
・計画無痛分娩料金 100,000円
・その他諸々? 20,000円
・二人目優待料金 -30,000円

合計640,000円




おしまい。
参考になりましたでしょうか…?(^^)


この読みづらいレポートを読んでくださった方全員が安産でありますように☆★

計画無痛分娩レポート(出産当日②)

※2014年神奈川県大和市南林間の愛育病院での無痛分娩レポです。


ここからだいぶ時間の記憶が曖昧になりますf(^_^;


2014年7月25日(金)

12時00分ころ
助産師さんの内診の結果、子宮口は6~7センチ開き、頚管はやわらかくなっていた。
でも赤ちゃんはまだ下がってこない。
地味に右の骨盤の前側(右足の付け根少し上?)が圧迫されて痛い…
助産師さんいわく、頭がそこにあって当たってるのかな?とのこと。
第一子のときは左側の同じところが痛かったのを思い出した。
おそらく前回とは回旋の向きが逆で、今回は右側が痛いらしい。

適宜助産師さんに麻酔をいれてもらい、痛みが和らぐ。

たぶんこのとき陣痛促進剤の量を増やしたと思われる。

13時00分すぎ?
それから段々と右の骨盤から下っ腹にかけて、陣痛が来るとひどい生理痛のような痛み。
内診すると子宮口は8センチ。
麻酔をいれてもらうと痛みが楽になる。

13時30分ころ?
しばらく痛みに耐えると子宮口は全開に。
試しにいきんでみるが相変わらず赤ちゃんが降りてこず、無理にいきまずに赤ちゃんが下がるのを待つことに。
陣痛は2分間隔、赤ちゃんの頭が膣に入る時が一番痛いとのことで麻酔をいれても結構な痛みに。

「陣痛のときどうしたらいいんだろう?いきみ逃すのかな?」「赤ちゃんどうやったら降りてくるのかな?」と旦那に聞くと、

「子宮口は開いてるから陣痛来たら力いれてみたら?いきみ逃す必要はないでしょ?」と……

た、確かに!

二人目の立ち会いともなると冷静な旦那。

この時、私は陣痛の合間に「お腹すいた~」を連呼していた。

14時00分ころ?
陣痛は下っ腹やや右寄りを中からググ~っと押される感じの痛みでなかなか痛い!(赤ちゃんの肩が当たっていたらしい?)

2分痛い→合間すごい睡魔に教われる→また2分痛い→めちゃ眠いを繰り返す。

陣痛のとき力をいれてみること数回、少しずつ赤ちゃんが下がってきていよいよいきむことに!!

2分の陣痛の痛みに合わせて、2回深呼吸→吸い込んで息止めいきむ!
2分の陣痛の痛みで吐きそうな気がしたが結局吐かず、持病の偏頭痛もでずでよかった。

14時30分
15回くらいいきむと頭がおまたに挟まったのがわかった。少し痛い。

「性別を最後まで聞いてないんです」と助産師さんに言うと、
「じゃあ出たらお母さんにまずおまた見せるね」と約束する。

次にいきむとおでこが見えたとのこと。
あとはいきまず深呼吸。

ふーふーふー…

助産師さんがうまく会陰が切れないように回転させながら頭をひっぱり出していく。

ニュルンと赤ちゃん誕生!
性別は!?

!?

ヘソの緒がおまたにちょうどかかっていてすぐには分からず(笑)


結局助産師さんの「男の子ですよ!」と言う声で性別を知る(゜ロ゜;

14時40分
カンガルーケアさせてもらい、泣きながら息子と記念撮影。
赤ちゃんは処置のため新生児室へ。

その間に取り出した胎盤を見せてもらった。
「こんなのに赤ちゃんが入ってたんだ!?」と旦那と衝撃を受ける。

会陰は古傷のところが少し切れたらしく知らないうちに縫われていた。
子宮の中を綺麗にするためにお腹を押される処置が「いてて、いてて…」と言う感じであとは無痛だった。




につづく★

計画無痛分娩レポート(出産当日①)

※2014年神奈川県大和市南林間の愛育病院での無痛分娩レポです。


8時30分から麻酔を入れて陣痛促進剤を点滴し始め、14時34分に3,610グラム(第一子より約1キロも大きい!)の男の子を出産しました。

痛みは最後の40分間くらい、2分間隔の陣痛のときに右の骨盤の前側や下っ腹が赤ちゃんの頭や肩に圧迫されて「ぐお~いたいぃ~!!」と言う感じでした。

妊娠中最終的に第一子の時と同じプラス13キロ太ったので、最後少し痛いと言う前回と同じくらいの麻酔の効きだったのかなぁと思います。(あまり太らなかった方はすごい麻酔が効いて最後まで痛くなかったと言っていたので…)

でも赤ちゃんの頭がおまたにはまっても全然平気だったし、その痛みに合わせていきむことができたので、15回くらいのいきみで生むことができました(^ー^)

今回は会陰切開せずに済み、恐れていた後陣痛も数時間で治まり、痛み止めの薬など服用せずでした。

第一子の時と違い、スタスタ歩けるし、気にせず座れるし、産後ものすごく元気でした♪


それでは時間ごとにレポートしたいと思います。





2014年7月25日(金)

6時00分
洗面、歯磨きを済ませ、着圧ソックス(陣痛中の血栓予防)を履き、分娩室へ。
分娩室


分娩室は分娩台が5台並び、カーテンで仕切られている。
この日は隣で自然分娩が行われていた。(陣痛に耐える陣痛室は別室で、そこから隣の分娩台に移動して来た。)

6時15分~
麻酔すると便が出てしまうため、浣腸をする。
人生初の浣腸は、人生初の腹痛で我慢できずすぐ出てしまう(゜ロ゜;
ものすごい便意!冷や汗!!

7時00分~
引き続き絶飲食のため、水分補給の点滴(ラクテックG)をしながらNST開始。
このNSTの情報はナースステーションや外来診察している医師のところなどのモニターに常時表示されており、スタッフ全員で監視している。
最後までNSTをつけておき、このNSTの痛みの波に合わせていきむことになる。
NSTと自動血圧計



8時00分ころ
先生の診察までウトウト、頭がなんだかボーッとするなぁと思ったら点滴に血が逆流していた。
助産師さんに直してもらうと頭も治る。

8時30分~
先生がはさみで破水処理。
グーっと押される感覚でそう痛みはなかった。

続いて硬膜外麻酔のカテーテルの処置。
第一子の時は処置事態は痛みはそんなになかったような気がするが、麻酔薬が最初から入りすぎて効きすぎて意識朦朧&赤ちゃんの心拍が低下してしまったので少し緊張の瞬間だった…

両膝を抱えて背中をぐーっと丸めて背骨のチェック。
その体勢のまま、最初に痛み止めの注射を背中にする。
この注射は破水処理くらいの押される感じの痛み。
引き続き背中を丸める体勢のままカテーテルや針を挿入する。
この処置がピリピリと地味に嫌な感じで長く感じた。
背骨の辺りが背中から腰にかけてピリピリ…
助産師さんが様子を見ながらすぐに麻酔を入れてくれ、ピリピリ感がなくなる。

麻酔はこの背中のカテーテルに注射器を繋いで痛くなったら助産師さんが注入してくれる。
注入されると背中がすーっと冷たくなり、数分で痛みが和らぐ。

麻酔カテーテル
見えますでしょうか?
細~いカテーテルが背中から出ています。



麻酔中は15分おきに自動で血圧測定していた。


麻酔注入と同時に陣痛促進剤(ブドウ糖と書かれた黄色い点滴)を少量ずつ自動ポンプで投与開始。
引き続き水分補給の点滴もポンプで自動で投与。

9時00分すぎころ
赤ちゃんの心拍が突然150→60くらいまで下がる。
ナースコールしようか迷っていたら、常時NSTのモニターを監視しているので助産師さんが2人飛んできてくれた。

仰向けだったためかな?と言うことで右と左と横向きに体勢を変えるが心拍戻らず、「もしかして緊急帝王切開になっちゃうの?」と心配になる。

助産師さんに内診してもらい羊水や羊膜を掻き出してもらうと心拍が復活。
へその緒が一部つぶれてしまったから一時的に心拍が低下してしまった様子。(10時から面会可のため旦那がまだおらず、すごく動揺して涙が出てしまいました…)

10時30分
隣の自然分娩してた妊婦さんのうめき声にビクビクしながら待つこと数分、旦那が登場。
実母も分娩室に入れるため励ましに来てくれた。

11時00分~12時00分
まだ余裕があり、助産師さんの読みでは午後出産だろうとのことで、旦那が昼食に出かける。
その間に自然分娩の方が出産。
感動してカーテン越しだけどもらい泣き。
何十回といきんでいたが、私もあんなに前回いきんだっけ?と恐怖になる…


昼食から帰宅した旦那、絶飲食の私の前でお茶を飲み、昼食の話をし出す…
おい、こらっ(=`ェ´=)




につづく☆

計画無痛分娩レポート(出産前日)

2014年7月25日午後2時34分に神奈川県大和市南林間にある愛育病院にて計画無痛分娩で第二子となる男の子を出産しました。
39週2日での計画出産でした。

第一子も同じ病院で計画無痛分娩で出産予定でしたが計画日前に陣痛が来てしまい、休日夜間に緊急無痛分娩しました。
今回はきちんと計画無痛分娩することができましたので、計画無痛での出産体験談を書きました。
今後出産の方の参考になれば幸いです(o^-^o)

↓ちなみに第一子の時の体験談
緊急無痛分娩レポート


愛育病院は出産計画日の前日に入院し、出産当日の朝から陣痛促進剤と麻酔を同時に投与し始めるスタイルで、陣痛に耐えられなくなってから麻酔を投与する『和痛分娩』とは違います。

出産までの妊娠経過はいたって順調で、妊娠高血圧や浮腫、早産、強い張りなど一切なし。
38週の段階で子宮口は指1本分開き、子宮頚管はおそらく3センチ切るか切らないかで柔らかくなってきている状態でした。
この内診の状態と上の娘を預ける関係で、39週2日の7月25日(金)を計画日に決めました。





2014年7月24日(木)

13時00分
入院。血圧体重体温測定後40分のNST。
上の娘と初めて離ればなれに…

15時30分
子宮口1センチのため、ミニメトロ(水風船)を入れる。
痛いかと緊張したけど思ったほど痛くなく、どちらかというと挿入前の内診の方が痛かった…
ミニメトロ挿入後数時間はお腹が張り、赤ちゃんが暴れていた。
ミニメトロで陣痛がついたり破水したりする場合があるそうで心配したが、19時ころ張りはおさまり朝まで大丈夫だった。

21時にトイレでミニメトロが抜ける。
本当に水風船で、直径5センチくらいあり、滅菌水40ミリリットルと書いてあった。
少し出血していたが、腹痛や張りはなくなる。

21時00分
翌日朝から麻酔のため、朝6時までお水以外は禁止。



緊張と不安と空腹で、長~~い夜を過ごしました(^o^;)





出産当日編につづく♪




私が出産した病院は、神奈川県大和市南林間の愛育病院です(^ー^)
病室(6人大部屋)
テレビにはDVDプレーヤーがついているのですが、見られるのかは分かりません(^o^;)


談話室
お見舞に来た人とはここで話をします。
飲食は禁止です。


ダイニングルーム
自動販売機(片方はSuicaが使えます。)とダイニングルームへの扉。
ここのソファーは病室以外で唯一飲食ができるので、お見舞に来た人とここでジュースを飲みながら話ができます。

妊娠した時の記録(基礎体温、症状など)

妊娠を希望していると『排卵検査薬 陽性』『着床 いつ』『高温期13日目』『高温期14日目』『下腹痛』『生理 妊娠初期症状 違い』『フライング 陰性』『クリアブルー』『チェックワンファスト』などなどの言葉で検索魔と化しますよね…
現在第2子を希望しているのですごくその気持ち分かります!!


そんな検索してそわそわしている方の参考になればと思い、2011年に第1子を妊娠した時の記録をまとめました。
第1子を妊娠した時は排卵検査薬は使っていなかったし、「排卵はいつ?」「着床はいつ?」「妊娠初期症状ってどんな感じ?」という無知っぷりでした。
今は……ネットで知りすぎちゃったなぁ(*_*;




◎妊娠した時の基礎体温表 
妊娠した時の基礎体温 (クリックで拡大)

※生理周期が33日から54日という不順。初潮から出血量多め、PMSと生理痛有。



◎1周期目
2010年12月から子作り解禁し妊活開始
とりあえず『葉酸』と百均の『マカ』『くろず』のサプリを飲み始める。



◎2周期目
解禁後2周期目の2011年1月に妊娠
1月1日にリセットしたので日付と生理周期が一緒で数えすく分かりやすいですw
生理周期12日目から謎の下腹痛が続き、心配になり19日目に婦人科へ行き内診。
「異常なし。ちなみに今夜排卵しそうだよ。妊娠希望なら今夜タイミングをとるといいよと思うよ。」と先生に何気なく言われ、実はこの一度だけタイミングをとりました
下腹痛はすぐになくなる。(排卵痛だった?初めてな感じの下腹痛だったなぁ…)

1月1日
(1日目)
リセット
1月19日
(19日目)
仲良し♪
謎の下腹痛が続き、婦人科で内診。「今夜排卵」と先生のお告げ。
↓の旅行で子作りする予定だったので焦る。
(22日目)
(23日目)
旅行で温泉に入る。日光で東照宮や二荒山神社をお参りする。
1月27日
(27日目)
また下腹痛がたまにするようになる。(ちょうど着床後だった?!)
2月5日
(36日目)
排卵予測日から17日後、妊娠検査薬のSチェッカーで陽性が出た。
2月12日
(43日目)
婦人科で胎嚢確認。
2月22日
(53日目)
保健福祉センターで母子手帳をもらう。
2月25日
(56日目)
婦人科で心拍確認。
3月1日
(60日目)
出産する産婦人科へ紹介状を持って初診へ。
出産予定日2011年10月12日



◎妊娠時の症状
正直、下腹痛以外あまりありませんでした。今にも生理が来そうな腹痛です。
乳首が痛いとか、胃がもたれるとか、いわゆる初期症状みたいのはなかったので、普通に原付に乗ってバイトに行き働いていました(;´∀`)
でも、2月3日(陽性反応2日前)にトークイベントに出かけたとき電車に酔い、会場が暑く感じて足の裏にまで汗をかいていました。
普段も乗り物酔いする方でしたが、電車に乗ってすぐ酔いましたorz
もともと冷え性で足先なんて冷え切っているのに、靴の中に汗をかき「暑い暑い」と言っていたので、一緒に行った友達に「今思えばあの時妊娠してたから暑い暑い言ってたんだね。」と後に言われました。





私が妊娠した時の症状はこんな感じでした。
第1子は幸運にも2周期目で授かりましたが、第2子挑戦中の今は1年が過ぎようとしています…
私を含め、妊娠を希望している方に早く赤ちゃんがやってきますように♪


FC2メールフォームのカスタマイズ

【2016年メールフォームSSL化にともなう重要なお知らせ】
FC2メールフォームのSSL化にともない、セキュリティエラーが表示されるようになってしまいました。
「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」というエラーが出て、CSSが反映されません。
『すべてのコンテンツを表示』というボタンを押すとCSSが反映されたメールフォームが表示されます。
 ワンクリック多くなってしまうことをご理解いただいた上で、当方のCSSをご利用いただきますようお願いいたします。

SSL化にいてはFC2総合インフォメーション「【重要なお知らせ】 FC2サービスのSSL化につきまして」をご覧ください。
(2016年12月にメールフォームが暗号化され、メールフォームのURLがhtppからhtppsに変更されました。)

当方のメールフォームのCSSはFC2ブログのファイルアップロードにてアップロードしてあります。CSSのアドレスはhttpから始まるため、暗号化されておらずエラーが出るのかもしれません。暗号化された(アドレスがhttpsはじまり)場所にアップロードされたCSSだとエラーは表示されないかも?(あまり詳しくないので分かりません…)




↓確認したところ2013年8月現在もダメでした。
先日ネット通販でお買い物し、FC2メールフォームからレビューを送ったところ、『Loading…』と表示されたままになり長文が送れないことが判明しました。
FC2に問い合わせた(2010年7月)ところ、「現在メールフォームをパーツ利用している場合、長文を送ることができない状態にあります。長文をご利用の場合は、フォームURLから直接送るようにしてください」とのことでした。
つまり、ブログのサイドバーに貼ったものや、サイトのページにタグを貼って表示させているメールフォームからは長文が送れないようです。
400文字は送れたけど、500文字は送れませんでしたεミ(ο_ _)ο

定型デザインは気に入ったのがないということで、フォームURLのデザインを可愛くしよう!と思い、四苦八苦してCSSをいじっておりました。

メールフォーム見本

このCSSをお使いになりたい方はどうぞお持ち帰りください!
初心者が作ったものなので、不具合などあるかもしれませんが…
素材を用意すれば、好きな画像を背景として利用することができます。
(素材のご利用は、素材サイトさまの規約に従ってくださいね)
 ※有料版の注文フォーム部分はカスタマイズしておりません。

★☆FC2メールフォームCSS☆★

▽設置方法▽
①上記CSSを全てコピーし、メモ帳などに貼りつける。
  ***背景を設定したい場合などはこの時点でカスタマイズする***
②拡張子を「.css」にし、任意の名前を付けて保存する。
③FC2ブログなどのファイルアップロードでCSSファイルをアップロードする。
 (アップロード先のURLをコピーしておく)
④FC2メールフォーム管理画面→フォーム一覧→編集→定型デザイン・スタイル
⑤一番上「デザインの詳細設定」
⑥一番下「ユーザースタイルの設定」内、「CSSファイルのURL」にアップロードしたURLを貼り付ける。
⑦「定型のデザインスタイルを利用しない」にチェックをいれ、「登録する」ボタンを押す。
⑧設置完了!フォームレビューなどで確認して下さい。



▼カスタマイズ方法▼
◎メールフォームの外に背景を表示する。
・表示させたい画像を、ブログなどのファイルアップロードでアップロードする。(アップロード先のURLをコピーしておく)
・CSSファイルをメモ帳で開く。
・body部分の「●●.jpg」を画像のURLに書きかえる。
・必要に応じてリピート、表示位置を変更する。
  参考URL→リピート  表示位置
・CSSファイルを拡張子「.css」で保存し、設置し直す。
 ※FC2ブログのファイルアップロードでは、違うファイル名にしないと反映されない場合があります。

◎メールフォーム内に背景を表示する。
・メールフォームの外に背景を表示すると同じやり方。
・.table-main内の「○○.jpg」を書きかえる。

◎テキストエリア(ボックス)のスクロールバーを通常表示に戻す。
上記CSSではテキストエリア(ボックス)のスクロールバーを必要な時のみ表示するように、色を水色にいじってあります。通常のスクロールバー表示に戻る場合はCSSの『overflow: auto;』以下『scroll』の記述を削除してください。

◎その他カスタマイズはCSS内の説明を参考に行ってください。

※パソコン表示のテキストエリア(ボックス)の幅と高さは上記CSSで変更できますが、スマホ表示のテキストエリア(ボックス)の幅と高さはFC2メールフォームの管理画面で変更してください。
編集メニュー一覧→定型フォーム・テキストフォーム→入力式の質問項目を設定する→幅と文字/行を変更



★☆ブログパーツCSS☆★
↓見本
ワンポイントや背景に好きな画像を入れることができます!
私の場合、カエルちゃんを背景画像に設定し、右下に表示してあります。
また、『送信』ボタンもカスタマイズしてあります。
※FC2ブログの公式プラグインメールフォームとは違いますのでご注意ください。
公式プラグインのメールフォームはカスタマイズできません。



▼設置方法▼
①上記CSSを全てコピーする。
②FC2メールフォーム管理画面→編集→「パーツ利用の設置用タグ、デザイン設定」
③一番下「パーツ用テンプレートをダウンロードする」からなんでもいいのでテンプレートをダウンロードする。
④ダウンロードしたテンプレートを編集すると、下にCSSが出るので、全部削除する。
⑤さきほどコピーしたCSSを貼りつけ、登録。
⑥「テンプレートを適用」してから「プレビュー」で確認。
⑦よければフォーム表示用タグをコピーし、パーツ利用する部分にタグを設置する。
 (FC2ブログで使用する場合は、公式プラグインのフリーエリアにタグを設置する)


▽カスタマイズ▽
◎メールフォーム内に背景や画像を表示する。
・表示したい画像をFC2ブログのファイルアップロードなどでアップロードする。(アップロード先のURLをコピーしておく)
・FC2メールフォーム管理画面の「パーツ利用の設置用タグ、デザイン設定」→「登録テンプレート」→「編集」
・下にCSSが表示されるので、「●●.gif」部分を画像のURLに書きかえ、「登録」ボタンを押す。
 ※必要に応じてリピート、表示位置も書きかえてください。
   参考URL→リピート  表示位置
・「テンプレートを適用」を押すと、画像設置完了!

◎外枠を変更する。
・CSSの#FC2form内、borderを書きかえる。
   参考URL→ボーダー
・外枠を消したい場合はborder部分を削除する。

◎パーツの横幅を変更する。
・CSSの#FC2form内、widthを書きかえる。

◎テキストエリアの幅と高さを変更する。
・CSSの#FC2form.comment textarea内、widthとheightを書き換える。

◎ボタンをカスタマイズする。
・CSSの#FC2form.button内を書き換える。
 button内の記述を削除すれば普通のボタンになります。
   参考URL→ボタンのカスタマイズ

◎その他カスタマイズはCSS内の説明を参考に行ってください。

※パーツ利用時下部に「FC2メールフォーム」のリンクが入ります。なぜか左寄せです。センターがよかったんだけど…(^-^;
↑FC2ブログのサイドバーに設置する場合、フリーエリアのコンテンツの文字設定を「中央寄せ」にするとリンクが真ん中になるようにCSSを改良しました。

※↑の見本とプラグインに同じものを二つパーツ利用したらプラグインの方でメールが送れなくなりました。複数パーツ利用するとどちらか一方からしかメールが送れないようで、「何故プラグインの方でメールが送れないんだ~!!」と苦戦しました…結局『見本用』のメールフォームを別に作り解決しました( ;∀;)
設置後は必ずメールが送れるか確認しましょうw


初心者がカスタマイズしたものであまり自信がないですが、とりあえず私は上記のようにして使っております(*'ω'*)
不具合や質問がある場合はコメント欄やメールフォームから教えていただけると……対応できるかはわかりませんが頑張りますw
こんなCSSでよければご自由にお持ち帰りくださいませ(*'▽')



訂正:
2013年夏、入力欄の幅の調整、FC2ブログというリンクを中央に表示できるようパーツ利用のCSSを改良。
2013年冬、テンプレートの背景色によって、メールフォーム内・入力欄に色がついてしまうため、パーツ利用のCSSにメールフォーム・入力欄の背景を白にするよう追記。

※テンプレートによって箇条書きがされてしまう事象を確認
→テンプレートのCSSの『li』か『sidemenu li』の中身を変更する。
 ①『background-img』などの表記を『list-style-image』に変更する。
 ②『list-sytle: none;』がある場合は削除する。
 ③FC2メールフォーム以外の箇条書きを見て、表示場所がおかしい場合は『margin』(余白)を調整する。
  参考URL→marginについて① marginについて②

メルちゃん手作り家具と洋服お直し

娘のためにうちの両親が買ってくれたメルちゃん。
洋服を着替えさせたり、聴診器でお腹の音を聞いたり、注射をしたり、もうすぐ2歳になる娘は結構メルちゃんをかわいがっています(*'▽')

そのメルちゃんのために、ベッドとクローゼットを手づくりしました☆

手作りベッド
ベッド本体はおしりふきの箱ですw
おしりふきの箱をベッドの形に切り、補強のために切った段ボールを丸くしてベッドの中に止めてあります。
飾り付けはネル生地と、エルゴのフードカバーとお揃いのカエルちゃんの布をボンドで貼りました(*^^)v



手作りクローゼット
リサイクルショップでお洋服を買ったら意外と衣装持ちだったので、クローゼットも手作りしてみました。
こちらは通販でCDが入っていた段ボールです。
段ボールをクローゼットっぽく切り、両端にストローを付け、そこに割り箸を通してポールにしています。
ちなみにハンガーはリサイクルショップで買った洋服についていました(^-^;





そしてリサイクルショップで5,6着洋服をゲットしたのですが、ゴムがのびのびになってしまっていたお洋服があったので、解体してゴムを付け替えました。
ちなみに付け替えたゴムは100円ショップの4コールのゴムです。
違いが分かるでしょうか…?|д゚)

洋服お直し1
上着の肩部分とスカートのウエストをお直し
この上着の肩部分が超難しかったです( ゚Д゚)


洋服お直し2
袖と裾をお直し


洋服お直し3
袖と裾をお直し


とっても直すのに苦労しましたが、洋服を一生懸命着替えさせている娘の姿を見て癒されているので頑張った甲斐がありました♪

手作りアロマ虫除けスプレー

娘が蚊に刺されるとものすごく腫れ上がり、掻き壊してしまうと膿が出てしまうので、虫除け対策に力を入れています。
まず刺されないように虫除けスプレーとフマキラーのどこでもベープキティちゃん(本来は腕に付けるものをネックストラップをつけて首から下げています)をしています。
刺されてしまった部分は皮膚科でもらった薬(リンデロンVG軟膏0.12%+亜鉛華(10%)単軟膏ヨシダ)をすぐ塗ることで、掻き壊すことまではなくなりました。


でも実は、市販の虫除けジェルやスプレーには『ディート』というよくない成分が含まれています。
アカチャンホンポで買った虫除けジェルなどの説明書きを見ると2歳未満の子供は1日1回しかつけれない、6か月未満の赤ちゃんに至っては使用不可です。
『ディート』について調べると怖くなり、今年の夏はディート不使用のアロマ虫除けスプレーを手作りすることにしました!



いろいろ個別に材料を買うのも大変なので、今回は通販で手作り虫除けスプレーセットを購入しました♪
手作り虫除けスプレーキット
・アンチモスキートの精油
 (ユーカリシトリオドラ(ユーカリレモン)、ペパーミント、シトロネラ、ゼラニウム)
・無水エタノール
・青色遮光プラスチックスプレー容器
・mlが測れるプラスチックビーカー
・作り方のリーフレット

濃度1%の場合1リットル作れるセットで、1995円+送料525円でした。



肌に直接つけるのではなく洋服や靴、帽子にシュシュッと使っていて、香りはきつくない…と思います(慣れちゃった?w)
↑ちょっと濃度が濃くなってしまい肌についたとき、肩にブツブツができてしまいました(-_-;)


重要な効果のほどは、虫除け対策を何もしていない私より娘のほうが刺されにくいです。
ベープも首から下げているので定かではありませんが…

ディート不使用なので何度もジャブジャブ使えていいかなぁと思います。



興味のある方は「虫除けスプレー」「手作り」「セット」「通販」などのキーワードで検索してみてくださいね(*^^*)
ちなみに私が購入したのは、楽天の快適生活shop Laylaさんです。

布パンツ80サイズ

トイレトレーニングのためにただの布パンツが欲しかったのですが、80サイズの布パンツはなかなか売っていませんでした…(80サイズだとまた部分が何層かになっているトレーニングパンツばかり)

なので旦那のいらなくなった肌着をリメイクして、80サイズの布パンツを手作りしました!

布パンツ80サイズ

☆型紙&作り方はコチラを参考にしました。


作成時の娘の体重9000グラム、身長80センチくらいです。

上記のページの型紙をプリンターで86%に縮小コピーし、赤い小さいほうを型紙として利用しました。
ウェストは100均の8コールのゴム45センチ、もも回りは4コールのゴム29センチ入れました。
ウェストのリボンも100均です(^^♪
ちなみに旦那の肌着1枚から2つ作れました。

80サイズの布パンツをお探しの方、難しくないのでぜひ手作りしてみてください(^^)/

エルゴカスタマイズ!!

何も知らずにエルゴギャラクシーを購入したのですが、ギャラクシーは人気で使っている人がいっぱい!!
ということで、よだれカバーやフードカバーを手作りして、“エルゴカスタマイズ”をしてみました。


エルゴカスタマイズ
↑水玉模様のフードカバーとよだれカバーを付けました。


フードカバー(水玉)リボン型
↑フードカバーをたたむとリボン型に収納できます( *´艸`)



フードカバー(カエル)
↑カエルちゃんの布でも柄違いのフードカバーを作りました。


フードカバー(カエル)リボン型
↑カエルちゃんをリボン型にするとこんな感じ。



☆フードカバーの作り方はこちらのブログを参考にしました。

チューリップハット&毛糸の帽子

チューリップハット
↑こちらは実母が作ってくれたベビー用チューリップハットです♪

左のチューリップハットは型紙を縮小して少し小さ目に作ったみたいです。
歩き始めるころ(1歳過ぎ)ちょうどいいサイズでした。
右のチューリップハットは型紙通りに作ったもので、2歳目前の現在ちょうどいいサイズです(*'▽')
↑ちなみに娘は成長曲線の下の方ですので、ご了承のうえ参考になさってください('◇')ゞ


☆型紙&作り方はハンドメイドのココロさんの「No.017チューリップハット」を印刷して実母に渡しました(*'▽')




毛糸の帽子
↑髪の毛が薄かった娘が寒そうだったので1歳の誕生日プレゼントに編みました(/・ω・)/
人生初の編み物だったので、とっても苦戦しました('◇')ゞ
最初3本の棒針で輪編みを試みたのですがなかなかうまく編めなかったので、近所の手芸屋さんで840円の輪針を買い輪編みしました。
棒針と毛糸は100円ショップで購入しました。
輪針、高かったけど編みやすかったです!


☆編み図は、ブックオフで買った本の編み図を参考にしました。

スタイ(よだれかけ)増産

よだれがたくさん出る娘のために産後スタイを増産しました!
妊娠中に作った表裏ダブルガーゼのスタイではよだれがしみて洋服が濡れてしまうことが多々あったため、ネル生地を中布として挟み込み、吸水性をアップさせました!!
マジックテープ型、ひも型といろいろ使ってみましたが、やっぱりマジックテープ型が便利で増産することに…
ちなみにマジックテープは赤ちゃん用のソフトマジックテープを使っています。
肌に優しいのですが、ひっぱると取れてしまう可能性があります(;´Д`)
かといって100均のマジックテープだと首の後ろが痛そうだったり、バスタオルやら他の洗濯物にくっついてビーっとなったりします……難しいところです…

スタイ1

スタイ2

スタイ3

スタイ4

ひもスタイ


よだれは1歳半、歯が生えそろったころに落ち着きました。
ちなみにスタイはヘビーローテーションだったため、カビが生え処分してしまいました(;´Д`)
使用後はアルカリウォッシュ入りの水に漬け置いていたのにカビてしまいました…
手作りのスタイを処分するのは結構悲しかったです…( ;∀;)



☆スタイの型紙と作り方はきづクイーンとてづくりさんにあります。

ダブルガーゼの短肌着

まだ写真を載せていない手作り作品がありました(;´∀`)

短肌着
↑短肌着
布はダブルガーゼ、バイアステープは綿のソフトテープ。

☆短肌着の型紙&作り方はハンドメイドのココロさんの「No.036長肌着・短肌着」を参考にしました。


実際に使った感想は
袖が少し長くて折って使っていたので、型紙より袖を短く作るといいかもしれません(*^^*)
ひもが取れてしまって何度か直したので、しっかりと縫い付けた方がいいです。

無痛分娩レポート(2011年大和愛育病院)

2011年10月9日に神奈川県大和市南林間にある愛育病院にて『緊急』無痛分娩で女の子を出産しました
39週4日での出産でした。
40週あたりで計画していたのですが、陣痛が来てしまい『緊急』で無痛分娩することになりました。

無痛分娩での出産体験談をまとめましたので参考にしていただければと思います


ちなみに、2014年の第2子の計画無痛分娩レポートはこちら↓
出産前日編 出産当日編①  



みなさまが気になる痛みの部分のことを簡潔にまとめると、バルーン挿入・カテーテル挿入・内診・会陰切開の瞬間・赤ちゃんの頭が挟まっているとき、痛みはほとんどありませんでした♪
陣痛もほぼ痛みはなく、最後の1時間くらい左の骨盤?が陣痛の間隔で痛かったくらいです。
↑これも麻酔を入れてもらうと楽になりました。

そして痛みの次に気になるお値段は71万円でした。
詳細は最後に記載しています。




では、長文&読みにくいですがどうぞ↓↓


本当は10月13日に計画無痛分娩で生むことが決まっていたのですが、8日から陣痛らしきものが始まり9日に病院に行き、休日の緊急無痛分娩が決定しました。
愛育病院(大和市南林間)の無痛分娩について詳しくはコチラ

本来なら前日に入院し、バルーンを入れ子宮口を開きやすくしておき、翌日朝から破水処理、陣痛促進剤と麻酔を投与しお産をします。
わたしの場合は陣痛の痛みのなかカテーテル挿入したのでちょっといろいろありました

7日(金)、病院に行く前から生理痛のような腹痛と下痢があったため、とりあえず入院の準備をし、病院へ。
内診とNSTの結果、13日を計画日に決定
まだ生まれないと思い、散歩をたくさんしました。(これが陣痛に繋がった)

8日(土)、また深夜に腹痛。夕方、おりものに薄茶色のネバネバしたのが混じる。病院に電話すると様子見てとのことで、そのままめちゃイケを見ながら過ごし、夜就寝。
が、腹痛が陣痛チェッカーで調べると10分おきに来ている
9日(日)、朝9時に心配になり病院に電話、とりあえず来てくださいとのことで、日曜日だったので休みでいた両親に車で送ってもらいました。
健診では2階の受付へ行くのですが、休日なので初めて3階のナースステーションに行きました。
ナースステーションの目の前には新生児室があって、新生児がたくさん並んでいるのを「可愛い」と暢気に覗いていたのが、お腹の大きい私の最後の姿になろうとは…(笑)



処置室で内診の結果、そのまま無痛処置し、お産することに決定。
この時点で子宮口1cm30%あまり開いておらず。赤ちゃんも下りてはおらすま。でもNSTでは陣痛らしき張りを確認。NST中旦那が飛んでやってきてくれました

そのまま分娩着に着替えて陣痛室へ移動。休日のため、私ひとりでした(通常は4、5人いるみたい)
分娩時に足を広げてかける場所がついているベットが並べられ、カーテンで仕切られている感じです。
他に人がいたらにぎやかだっただろうなぁ…と思いました


バルーンを入れ、いよいよ麻酔カテーテル。(ちなみに私はバルーンもカテーテルも痛くなかったです。)
背中に局所麻酔し、陣痛が来てないときを見計らって背中を丸めるのですが、この体勢がまた辛い
カテーテルが入ると右足がピクンとしたのを最後に、腰から下が全く動かなくなる。
どうやら深く刺さってしまったらしく、自分の血液をカテーテルに流して麻酔を弱める‘ブラッドパッチ’をやり、カテーテルを挿入し直しました。
麻酔が効きすぎで、全く下半身が動かず、「このまま半身不随になったら嫌だな…」なんて考えていると、乗り物酔いのようになり、目を開けていられなくなる。
麻酔効きすぎの副作用で意識が混濁してしまいました
赤ちゃんもNSTで心拍を確認すると異常に低下していて、目をつぶっていても助産師さんが慌てているのが分かりました…
鼻から酸素を吸い、とりあえず赤ちゃんの心拍は戻りました。
私は相変わらず半分寝ている状況だけど、促進剤を投与開始。
何時間、夢か現実かをさ迷っていたか分からないけれど、陣痛の痛みや途中で助産師さんにされる内診の痛みは全然感じませんでした
促進剤の点滴には輸液ポンプ?がついていて、点滴量などをしっかりと管理しているようです。
子宮口が開くのを待つ間ずっとNSTがつけられており、赤ちゃんの心音が聞こえていました。
そのNSTのデータはナースステーションのモニターに表示されていて、病院の職員さん全員で異常がないか常時確認できるようになっています。
↑入院中ナースステーションに行くとこのNSTのモニターが私たちにも見えるため、「あ、今3人分娩中か~」などと同室の方と話していました(笑)



時期は10月、真夏をすぎエアコン工事が入っており、エアコンが使えなかったせいか分娩室が暑くて暑くて、アイスノンで頭を冷やしていました。
↑入院中も部屋がめちゃ暑かった…5日後くらいにエアコン復活で快適に過ごしました。


子宮口はなかなか開かず、同じ体勢で、暑いしで、最悪の事態発生

持病の偏頭痛になり、頭が割れるように痛い
「頭が痛い」と助産師さんに伝えるやいなや、突然嘔吐

先生が呼ばれ、内診と私の状況を見て、分娩は明日に持ち越しと判断されました。
ブラッドパッチし、促進剤も中止されました。
そのまま分娩室で様子を見ることになり、夕飯を出してくれたので、旦那に食べさせてもらうも即嘔吐
酸素吸入させてもらい、妊娠中でも服用できる頭痛薬(カロナール)を2錠飲み、明日に備えることにしました。


しかし、麻酔を弱め促進剤を切った途端にお産が進んだのです

頭痛回復のため寝ようとするけれど、なんだか左側の下腹が5分おきにどんどん痛くなって来て、ナースコールで助産師さんを呼ぶと麻酔を入れてくれました。背中がスーッと冷たくなり、痛みも弱まりました。
が、また左側の今度は下腹と骨盤が3分間隔で痛い
見事に右半分は完全に麻酔が効き、左半分は効きがイマイチで左だけ陣痛を感じていました ←赤ちゃんの回旋が右向きだったから、右側の痛みが強かったのかも…?


「左側だけ痛い~」といいながらいきみ逃しつつ麻酔を入れつつ子宮口が開くのを待つこと2時間半くらい?(←うろ覚えです)
(助産師さんが「赤ちゃんの頭回すね~」と言っておそらく赤ちゃんの頭を回していたのだろうけどこれは痛くなかったです。左の麻酔の効きがイマイチと言ってもやはり痛みは緩和されていたようです。)

21時すぎから分娩準備がされ、いきみ方を教わり、いよいよいきみ開始
幸か不幸か左側に陣痛の痛みが少しあるということで、その痛みに合わせていきみました。(全然痛みのない方はNSTと助産師さんの指示に合わせていきむみたい)
最初はうまくいきみ方が分からず助産師さんのアドバイスを聞き、何度もいきんだけどなかなか赤ちゃんが降りてこず…

さらに数回いきむとやっと頭が見えてきた(普通分娩だと頭がはまってるこの状態がすごく痛いらしいのですが私は大丈夫だったので、やっぱり麻酔が効いてたんだなぁ)

先生が呼ばれ、あと1回いきむと生まれるよ、と言われた瞬間、私は旦那に「眼鏡かけて~」とお願いし、赤ちゃんが出てくるところを見ることができました裸眼視力0.04

出てきた赤ちゃんはショルダーバックみたいにへその緒が体に巻き付いていました
通りでなかなか降りてこないわけだ

カンガルーケアをしてもらうと、私は号泣しながら赤ちゃんに「やっと会えたね頑張ったね」と声をかけました

カンガルーケアしているうちに胎盤を出し、旦那は胎盤を見たみたい
血が苦手な私は遠慮しました(胎盤処理も痛みなし)
会陰は麻酔の効いている右を3センチほど切ったよう。(会陰を切った瞬間も痛みなし、というかそれどころではなかった(笑))
縫うときは最後の数針が痛かったので、先生に「溶ける糸ですか」など話しかけてごまかしました(笑)
ちなみに溶ける糸なので後々の抜糸もなしです。




念願の無痛分娩は右半分は完全に痛くなく、左は少し陣痛を感じたと言う結果です
助産師さんいわく、左側も何割か効いてるとのことだったので、あの痛みがMAXじゃないなら普通分娩てヤバイと思いました…

入院しているとき、他に3人緊急無痛分娩を経験した人から話を聞いたら、同じように右だけ効いた人、全く効かない人(太りすぎた)、全く痛くなかった人と麻酔の効きは様々でした

ご飯も美味しくて、母子別室のため入院中休めたし、偶然助産師さんに高校の同級生がいたし、満足のいくお産ができました


出産のとき赤ちゃんも全身痛い思いをして生まれてくると言います。
それなのに私は陣痛の痛みから逃げていいのだろうかとも思いました。
「痛みに耐えてこそ出産」と考える人もいます。
しかし、過去医療ミスにあい(レーシック手術でレーザーメスの機械が誤作動し右目が潰れかけました)手術や痛みにトラウマがあったり、偏頭痛が心配だったり(結局偏頭痛になっちゃったけど…)、色々考えた結果、無痛を選んでよかったと思いました

少し高めだけれども満足のいくお産ができたので、第二子も同じ病院で無痛分娩したいなぁと思います




ちなみに、お値段は……

71万円

基本お産パック(入院日数に関係なく定額)58万。
無痛分娩加算7万、休日加算2万、夜間加算4万をプラスして71万だったそうです。
(私は6人部屋を選び加算がありませんでしたが、大部屋でなく少人数の部屋を選べばさらにプラスされますよ~)
私は緊急で1日入院が短かったけど、休日夜間だったため高めでした




入院中は母子別室でゆっくり休むことができました。
決まった時間に新生児室に行き、母乳やミルクをあげる感じです。
夜中にも授乳時間が設けられていますが、起きて新生児室にいけない場合は助産師さんがミルクをあげてくれます。
昼間、日替わりで沐浴指導、栄養指導などがありました。
そして何よりすごいのが入院中のお料理!!
15時にはおやつも出ました(↓写真参照、クリックで拡大) 
お料理朝お料理昼おやつ
    ↑朝ご飯    ↑昼ご飯    ↑おやつ










退院時にはチョコレートケーキをホールでと病院名入りの大きなアルバムをもらいました。 (2014年現在もらえなくなっていました…)
アルバムの最初のページには生まれたての子供の写真を入れてくれます


妊娠中から貧血があったのですが、産後貧血がひどくなり鉄剤を処方していただき飲んでいました。
出産翌日の午前中に赤ちゃんを抱っこしますか?と聞かれたのですが、貧血と頭痛の後遺症で起き上がれず、午後の授乳の時間まで抱っこはお預けでした
後産の痛みは感じなかったのですが、会陰切開したところが痛くて2週間くらいまともに座れませんでした(円座がベットにあるし、トイレはウォシュレットなので入院中は大丈夫
「全然痛くない~」とスタスタ歩いている方もいたので、会陰切開の痛みもまた人それぞれなんですね…
会陰切開の痛みが治まったころ、今度は悪露とナプキンでかぶれて、悪露が終わる1ヶ月半はお股に違和感でした
お股は痛いし、乳首は切れて痛いし、眠いし、産後2ヶ月くらいは怒涛の日々でした






これから無痛分娩で出産を控えている方は痛みや値段や色々と不安があると思います。
普通分娩でも痛みに個人差があるように、無痛分娩にも麻酔の効きに個人差があります。
それでも普通分娩の方に比べると、きっと少しでも痛みが軽減されるのではないかなぁと思います。
あまり心配しすぎず、リラックスして出産に臨んでください♪


この体験談を読んでくださったみなさまが、素敵な出産ができますように


↓たくさんの拍手ありがとうございます!!

無痛分娩について(2011年大和愛育病院)

無痛分娩について
硬膜外麻酔によって陣痛の80~90%をとる分娩方法。
子宮口3cmから麻酔をかけ、いきめるように、痛みはある程度残す。

↑病院のしおりにはこう書いてありましたが、私は子宮口1センチで緊急入院してすぐ麻酔を入れてもらいました。



無痛分娩のデメリット
 ・麻酔中の監視&介助が必須(人件費がかかる?)
 ・麻酔の効き目は個人差有。
  痛み具合は人による。(バルーンやカテーテル挿入なども人によって痛みが違うようです)



計画無痛分娩
自然に陣痛が来てから麻酔を使用することもできるが、うちの病院では『計画無痛分娩』が主流。36週以降の内診で子宮口、胎児の状態などから出産予定日を計画し、前日から入院する。
(38~40週の間が多い)

入院スケジュール
◎前日 バルーン挿入
 ※夕食後分娩終了まで禁飲食

◎当日 浣腸NST
    破水処理
    麻酔用カテーテル挿入
    麻酔少量ずつ注入
    陣痛促進剤投与開始
 ※お産の進み具合によって
  昼、夕方、翌日出産


↑私は40週1日を計画日にしていましたが、計画日前に陣痛が来てしまい休日に緊急で無痛分娩をしました。
 (39週4日で出産)



 私の病院では休日でも夜間でも麻酔のできる医師が必ずいるため、いつでも無痛分娩が可能だそうです。
 病院によっては麻酔医がいないと休日や夜間は無痛分娩できない場合もあるので確認した方がいいと思います。

また、愛育病院(大和市南林間)は陣痛促進剤投与と同時に麻酔を入れるスタイルですが、子宮口がある程度開くまで陣痛に耐えてから麻酔を入れる『和痛分娩』もあるので、麻酔投与のタイミングもも要確認です。

リメイクでベビー服(短肌着とベスト)

来週の日曜に実家に帰る予定なので、最後の産前の手作りに、リメイク短肌着とベストを作りました

材料(旦那のYシャツ)
主人の着古したYシャツたち


リメイク短肌着(左と中央のYシャツで)
短肌着
白いストライプは阪神のユニフォームみたいになってしまいました
胸にワンポイントとして、布用インクでのスタンプを押しました
阪神のユニフォームにのスタンプで、旦那いわく「焼き鳥屋のユニフォームになった」(笑)


※短肌着の型紙と作り方は『ハンドメイドのココロ』さんにあります。
(左メニュー「型紙ダウンロード一覧」からNo.036長肌着・短肌着)






材料(薄手カーディガンとフリースベスト)
主人の着古したフリースベストとカーディガン


リメイクベスト
ベスト


ベストは黒い薄地のカーディガンに、百均の赤いバイアステープで作成しました
余った部分でポケットを付けましたが、小さくて一番縫いづらかったです


のベストはの右:花柄シャツを裏地に、紺のフリースで作成
装飾は百均のレースやバイアステープです

両方ともマジックテープで簡単に止められるようにしました

早く娘が着た姿が見たい


※ベストの型紙と作り方は『ハンドメイドのココロ』さんの耳付パーカーを参考にしました。
(左メニュー「型紙ダウンロード一覧」No.035耳付パーカーのフードと袖を省きました。)


実際に使った感想は…
短肌着は袖が少し長くて洋服からはみでてしまい折って着せていました(;´・ω・)
これから手作りされる方は型紙より袖を短めに作った方がいいかもしれません。

そして手作り作品で一番重宝したと言っても過言でないのがこのリメイクベストでした!
ちょっと肌寒いときにサッと着せるのにすご~く便利でした♪
1歳の冬にも着れましたが、2歳の冬も着せられるかな…?
↑娘は成長曲線の下の方です…


(さらに追記)
小柄が功を奏して、赤ちゃんの時から2歳の冬まで着れました(/・ω・)/

ベビー用ガーゼハンカチ

ガーゼハンカチ
布オムツづくりであまったさらしと、ダブルガーゼで赤ちゃんサイズのガーゼハンカチを手作りしました
さらしとガーゼを中表にして縫い、返したら端にミシンをかけた簡単なものです。
15cm×15cmなので、ちょうど肩に乗るサイズ。
げっぷにいいかも
きっとハンカチはいくつあってもいいかなと思い、10枚作りました



飾り付きスタイ
同じくスタイ(よだれかけ)もいくつあってもいいだろうと思い、また手作りしました
今回はちょっと大きめサイズで、縁をバイアステープで縁取ってみました。
性別が女の子と分かったので、レースをつけました


※スタイの型紙と作り方は『きづクイーンとてづくり』さんにあります。


ガーゼハンカチを作っているときにミスって、右の中指を針で切ってしまいました
縫っちゃわなくてよかったぁ


実際に使用してみた感想は…
ガーゼハンカチはやっぱり肩にちょうど乗るサイズだったのでゲップの時に役立ちました!!
スタイはダブルガーゼ表裏では薄くて、よだれが洋服にしみてしまうことが多かったです…(娘のよだれが大すぎ!?)
中にもう1枚布を挟んだ方が吸水性がよさそうです。

実母のベビー作品(スタイとがらがら)

リメイクタオルスタイ
実母が家にあったタオルで作ったスタイです

うまくミッキーの柄が真ん中にくるようにリメイクされてる…

これで製作費は魚のアップリケ代くらいのほぼ0円なんて、すごいです母



※スタイの型紙と作り方は『きづクイーンとてづくり』さんにあります。



くまさんのがらがら
こちらのおもちゃは私がキットを買っていって、作ってもらいました
一つ一つのパーツが小さいし、パイル生地がほつれやすく、だいぶ作りづらかったみたい

でも、カラカラ鳴る鈴が入ってるから、きっと赤ちゃんも気に入ってくれるはず

ちなみに熊ちゃんが乗っているのは月です
私と父はバナナだと思ってました

布オムツ作りと布オムツカバー

ミシンで作成中
産後布オムツを使おうと思っているので、布オムツを作りました
義母から余っていたさらしをもらい6枚、アカチャンホンポで買ったさん柄が28枚、大量に完成
バケツも洗剤も準備OKなので、あとはオムツカバーを買うだけ。



輪おむつ
とはいえ、産後、布オムツ使えるほど元気なのだろうか…




実際に使ってみて、布オムツよりオムツカバーの方が重要でした|д゚)
↓↓追記・布オムツカバーのお話↓↓

生まれてすぐの時はアカチャンホンポや西松屋で買った50サイズのウールの布オムツカバー(外ベルト)を使っていました。
50サイズはすぐにサイズアウトしてしまったので、西松屋で60サイズのウールのオムツカバー(外ベルト)をその後買い足し使用しました。
産後あまり体調がよくなかったので、そんなにガッツリ毎日毎日布オムツを使っていなかったので、それぞれ2枚ずつしか買いませんでした(;´Д`)

70サイズになると内ベルトの布おむつカバーになり、その内ベルトがつけづらいし、腿に食い込んでしまうし、なかなか使いづらかったため、インターネットで調べて『ワンサイズ布オムツカバー』なるものを買ってみました。
ワンサイズ布オムツカバー
↑赤とピンクは腰と股部分がボタンになっていてサイズを調整することができます。
 黄緑のは腰部分がマジックテープになっていて、ボタンより使い勝手が良かったです♪

ワンサイズ布オムツカバー(マジックテープ部分)


たっちができるようになってからはパンツ型のカバーをインターネットで買い使いました。
布オムツカバーパンツ型
↑おしっこの場合は、布オムツをシュッと抜いて交換するだけで楽ちんですが、う○ちの時は脱がせづらくて大変です…(-_-;)



ワンサイズのカバーを最初から使えばいいじゃないか!と思われるかもしれませんが、新生児にワンサイズは結構大きいです(^-^;
やはり50か60サイズは別に用意した方がいいかな、と個人的には思いました。

これから布オムツライフを楽しもうと思っている方、参考になさってください☆

ダブルガーゼとワッフルのコンビ肌着

コンビ肌着を作ってみました!
コンビ肌着と短肌着
左→コンビ肌着50サイズ(ダブルガーゼ)
右→短肌着(ダブルガーゼ)


ワッフル・ダブルガーゼのコンビ肌着
左→コンビ肌着60サイズ(ワッフル)
右→コンビ肌着50サイズ(ダブルガーゼ)


秋生まれなので、室内では短肌着+コンビ肌着で布団かけておけばいいみたいです。
このコンビ肌着、足元にスナップがついてて、足を動かすようになったら、スナップを使えばはだけないらしいです↓↓
ボタン部分
赤ちゃんの肌着や服って何が何やら正直分かっていません…
勉強します(;^_^A


実際に使った感想は
短肌着が意外に長く活躍しました!
でも袖が長くて洋服からはみ出てしまい折って着せていたので、これから手作りする方は袖を短く作った方が布の節約にもなっていいかもしれません。
50サイズのコンビ肌着が生まれたころちょうどいいサイズでした。
60サイズのコンビ肌着は翌年の夏にやっとちょうどいいくらいでした。
生まれる前は赤ちゃんってどれくらいのサイズか分からないですよね(>_<)
参考になさってください♪


※コンビ肌着の型紙と作り方はchikuchikuhappy blogさんにあります。
↑の型紙を説明の通り200%拡大で作成すると確か60サイズだったと思います。
この型紙を180%拡大で作成すると50サイズになるみたいです。
拡大の仕方が分からない場合は、コメント欄にて管理人様が質問に答えていらっしゃるのでそちらを参考にしてみてくださいね(*^^*)



コンビ肌着を作るにあたって、襟や裾を縁取るバイアステープが大量に(9mくらい)必要になりました。
最初は市販のニットバイアステープを使っていたのですが、3mで500円もする…(*_*)

そこで、布からバイアステープを手作りすることにしました(^^)
黄色水玉のダブルガーゼの布を斜めにチョキチョキし、縫い繋げ10m。
テープメーカーなるもので折り目をつけながらアイロンをかけること1日がかり!!
手間はかかったものの、10mで160円くらいでできました♪
便利なテープメーカー
まあ、テープメーカーが900円するんだけど…

でもこれさえあれば、好きな布から、好きなバイアステープ作り放題(*^O^*)
さて、あとは余った布で何を作ろうかな…??

耳付きニット帽&ミトン

耳付きニット帽
赤ちゃん用なのでふわふわ手触りのいい小花柄スムースニットで耳付き帽子を手作りしました♪
ワンポイントに右下にカエルのタグを付けました。

別のサイトでゴム入りの帽子の型紙もあったけど、とりあえず簡単そうなゴム無しの方を作ってみました。
ちょっと下の折り返し部分が難しかったですが、わりと簡単に作れました(*^_^*)

※耳付き帽子の型紙と作り方は『きづクイーンとてづくり』さんにあります。
(左メニュー「ベビー帽子の作り方」から)



リバーシブルミトン
こちらスムースニットでベビー用リバーシブルのミトンを手作りしました♪
見づらいですが、左が水色で右がピンクになっています。
男の子なら水色、女の子ならピンクで使えばいいかな(〃∇〃)

ミトンはもちろん赤ちゃんの手サイズなので、小さくて小さくてミシンで縫うのに苦労しました(´Д`|||)
ゴムを通すにも、小さすぎてゴム通しが通らず、安全ピンにゴムを結んで通しました…orz
簡単かと思いきや、帽子の方が断然作りやすかったですo(´^`)o

※ミトンの型紙と作り方は『ハンドメイドのココロ』さんにあります。
(左メニュー「型紙ダウンロード一覧」から)

手作りスタイ

つわりもだいぶおさまったため、ベビー小物の手作りを始めました!
最初は簡単そうなスタイをあった布で作りました↓
スタイ試作品
表はダブルカーゼで、裏はネル生地で作ってみた試作品です。
ちょっと厚ぼったくなってしまいました(^-^;
そしてこの小花柄すごいな…(ノ゚ο゚)ノ



動物スタイ
次はスタイ用に動物柄のダブルガーゼを買い、裏はスムースにしてみました。
薄めで心もとない気がしますが、肌触り最高です^^



かえるスタイ
こちらもダブルガーゼ。
旦那がかえるが大好きなので、かえる柄の布をチョイスしてみました。
ちょっとしつこい…?w



母作スタイ
こちらは実母作、あまり布で作った0円スタイです。
表はマクラカバーらしいですw(*゚o゚*)w
くまさんのアップリケもどこかかの布から取ってきたものらしいのですが、すごい…


実際に使った感想は
よだれが出始めたころにはちょうどいいサイズでした。
実母が作ったものは少し大きかったです。
サイズに比例するのか、私が作った方は吸水量がイマイチでどんどん交換しないと服が濡れてしまう感じでした(;´Д`)


※スタイの型紙と作り方は『ハンドメイドのココロ』さんにあります。
(左メニュー「型紙ダウンロード一覧」から)

カテゴリ
当ブログについて
  • リンクフリーです
ご自由にリンク・トラックバックしてください。
引用・転載・写真使用の際には必ずリンクをお願いします。

  • 拍手・コメント大歓迎
無痛分娩される方、手作りされる方の参考になればと思いブログを運営しています。
拍手やコメントしていただけるととても嬉しいです。

  • ご連絡はメールフォームから
ブログの不具合やご意見ご感想ご質問、リンクについてなどの各種連絡はコメント欄かメールフォームからお願いします。
管理人へメッセージ
※長文の場合はコチラ→
プロフィール



 名前 : chino
 性別 : 女性
 年齢 : 30代
 ファン : 宮野真守
 趣味 : 手作り
 家族 : 主人、娘、息子

閲覧数
ブログ内検索
素材サイトさま
当ブログで使用している素材のお持ち帰りは下記リンクよりお願いします。

BACK  | HOME |  NEXT